FC2ブログ
☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



保管庫にお米を収納
豊作の今年、保管庫に入りきらない米ができました。入らない分をまずは毎年購入契約してくれてる方々にとりあえず一袋づつ新米を引き取りしてもらいました。

一番大口の方は一年分を先払いしてくれてるので大事に預かります。保管庫の米袋にラベルを付けておきます。保管庫は夏場も15℃に保冷しているので品質が落ちず美味しさを一年中保ちます。保管庫には二重に鍵をかけ、防犯カメラが24時間体制で監視録画しています。

202011022016595e0.jpg

そして籾摺りをして田んぼに飛ばしてある籾殻を焼きます。籾殻は藁と違い一気に燃えずじわじわと燻りながら燃えていきます。
どれだけじわじわかというと、なんと3~4日はかかります。ですからアルミホイルでサツマイモを包んでこの中に埋めておけば焼き芋ができます。(笑)
芋だけを入れて焼くとなぜかとても酸っぱい焼き芋になるのでアルミホイルでしっかり包んでやる必要があります。

20201102201658b7f.jpg

硫黄島の溶岩の隆起みたいだけど、燃えた後の黒い籾殻の下はきめ細かい灰色のきれいな灰になっています。
完全に熱が取れるまで数日はこのまま置き、そしてまた田んぼに返します。

これらの作業と同時進行で神社の秋祭りの準備をしています。
今年が当番の神社祭礼もやっと終わります。と言っても神社総代なんでこれから数年は相談役側の立場は続くのですが。(汗)



     ←Blogランキング、よろしければクリックを。
    
関連記事


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する