FC2ブログ
☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



懐かしいけど新しい景色
地元の市役所に用事で行き、違う道を走ってみたら何かしら懐かしいけど新鮮な気分になりました。
中学生の頃に造られた橋、何度か塗り替えされ、また凄く綺麗になっていました。

202101261239342b9.jpg

美術の時間に建設中のこの橋の絵を書きにこの辺りに何度も来てましたね~。
直径が1mほどもあるアーチを造る時にパーツを繋ぐのはリベットと呼ばれる鉄のピン、これを橋の平面で焼いて赤くなったリベットを鉄のハサミで掴んで、なんと真上のアーチの位置に居る人の所にピュッと投げ上げるのです。それを革製の袋💰でキャッチしアーチとアーチを繋ぐ穴に入れて、その焼けたリベットを専用の道具で叩いてカシメます。今の時代ではそんなことはしないと思いますけど、これぞまさに職人技!!
今の時代、そんな職人さんはもう居ないでしょうね。
10mぐらいは真上に投げ、飛んできた熱い鉄をキャッチする。
それが百発百中ですから凄くないですか?
自分が見ている間にひとつのミスもありませんでした。

そんな思い出の鉄に刺激を受けて?帰って兼ねてからやろうと思っていた細工をちょっとやってみました。

20210125182319263.jpg

車のリアシートの可動域を少し広げる細工です。
白くなっているところが削っている位置で、穴を広げることでシートを少し倒せるようになります。

202101251823187dc.jpg

ちょっと違うでしょ?貨物車のリアシートはほぼ直角な背もたれ、これを少し倒せたら座り心地が改善されます。
しかし貨物のリアシートってなぜこんなに直角?
これは貨物車両として認められるのに荷室の長さ基準(比率)があるためです。



     ←Blogランキング、よろしければクリックを。
 
関連記事


この記事に対するコメント

お早う御座います。

昔はどの世界何処の業界にも匠の職人が居ましたが
工法や製法の機械化が匠の技を廃れさせたんでしょうね。
それでも幾らCPUが進化しても最後は人間技と云う。

そうなんです、ライトバン(特に軽四)の後席は直立不動
苦しいモンが在りました。
ストッパー削れば随分乗員楽ですね~。

【2021/01/28 09:59】 URL | mitanimomo #- [ 編集]


中の角度をロックする爪は乗用車と同じ構造で少しは倒しても余裕があるみたいです。

ホントに職人技って凄いですよね、時代と供に失われていくのは忍びないですが。

【2021/01/28 19:03】 URL | 山雀 #JHiVQ306 [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する