☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



ラテンのリズムで、ウ~ッ♪
桜も咲きほこり、季候も暖かくなって気分もウキウキですね。

うどんを打つ・・・・・なぜ?打つというのか?

うどんについてWikipediaを見ると面白い事が書いてある。

しかし「打つ」という本質には触れてないようだ。

「打つ」とは「作る」ことと解釈することもあるだろうし、讃岐うどんで「すかし打ち(延ばしの技法)」の音がトントントンッと聞こえるので、それを言うのか?しかしうどんに限らず蕎麦も「打つ」というので当てはまらないとも言える。
うどん作りの工程は、小麦粉と塩水を混ぜ→鍛え→寝かせ→延ばし→切るとなり、どこにも「打つ」という工程がないのも不思議だと思う。

しかぁ~し、そんな事を考えてるうちに「すかし打ち」なる技をできるようになりたいなと思うようになった。当然ながら一朝一夕にはいかないだろうし、ずっとできないかも知れない。

でもラテンのリズムに合わせてトントンと打てるようになると、麺打ちもきっと楽しいだろうな。

チャッチャチャチャッチャ、チャッチャチャチャッチャ♪チャララララ、チャララララ、

ウ~~~~~~~・・・・・・・・・クリック→20080327.jpg


c_02.gif
↑ Fc2ブログランキングに参加していません。ポチっと押しても何も起こりません。(笑) 
 
関連記事


この記事に対するコメント

おもしろいなぁ
こんな事 思いつきもせんかっよ

・・・で 打つの本質って?

【2008/03/30 09:19】 URL | QOO36 #- [ 編集]


QOO36 さん
おもろいやろ〜〜〜〜〜〜〜〜?

でね、打つということは                      わからん(汗) 
 

【2008/03/30 21:00】 URL | やまちっち #JHiVQ306 [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック