FC2ブログ
☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



瀬戸の花嫁の値段
先日、海外へ行ってみた。
20080401-1.jpg
へさきで手を広げ・・・・ると沈没するので控えよう。(by タイタニックの教訓!?)

といってもタイトルでネタバレなので甲斐甲斐しく海外などとは言いません。(←ココ小ベタあり)
でも到着先でおじさんが「海外へようこそ」と言っていたので、やはり海外には間違いない。

1日に何便も無い渡し舟?、それを待つ海外の住民らは買出しした食料品や日用生活品らしき荷物を両手にたくさん抱えている。もしや店の一軒も無いサバイバル生活を強いられるのか?と妙に不安になり待ち時間の間、近くのコンビニで食料を調達しなければという気になって、そこらへんを歩くもどこにも店が無い!!!
あの船に乗ってしまうと餓死しかないのか・・・・悲痛な思いで歩いて探すこと20分、あった!!「コンビニエンスストア○○」という名の「田舎の雑貨店」だ!
そして港に戻ると信じられない光景が・・・・なんと「渡し船」は「フェリー」でもあったのだ!
20080401-3.jpg

バックでマーチが乗船しようとしている。もちろん予約制で乗船できるのは1台!そう1台しか乗れないフェリー。しかも全長4m50cmまでしか乗れないらしい。

これを利用する島の人達を観察していると、この海外生活が当たり前で(そりゃ当たり前ですな)、なんの不思議もないのでしょうけど、自分はこういう島生活を近くで感じたことがないので凄く新鮮に見えた。お通夜の告知板も船着場に立ててあり、それを全員が見てその話題で持ちきりなのでヘタな回覧板はいらない、実に合理的な伝達手段である。
凄い~「これが島人(しまんちゅ)や~!」と思わず自分は心の中で叫んでいた(笑)

20080401-4.jpg
さすがフェリーだけのことはあって貨物料金の一覧もあった。(図をクリック)

平成11年から値上げもしてないらしい。ちなみに人間の運賃は大人が320円である。
葬儀に関わる物品の価格はあるようだが、はたして瀬戸の花嫁の道具一式運ぶといったい幾らぐらいの運賃がいるのだろうか???誰か嫁に行って教えて~!
(ちなみに本土へ飲みに行っても最終便は午後7時です・・・)
関連記事


この記事に対するコメント

ココはどこ? 一見高速船に見える船で自動車が積める船は見た事無いよ
すごいのがおるんじゃなぁ・・・

すごいと言えばコレもすごいな
石碑一式がブッチギリのトップじゃ
スサ100円ってのは?スサって何?

【2008/04/02 00:32】 URL | QOO36 #eMkLRZRc [ 編集]


QOO36 さん
どうじゃ?凄いじゃろぅ。この島の人たちはみんなWベッドじゃ。
スサっちゅうのは壁塗りの漆喰の中に混ぜる繊維のようです。
少なくともスサノオノミコトを運ぶのではないらしい・・・。
 

【2008/04/02 09:10】 URL | やまちっち #JHiVQ306 [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック