☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



すかし打ちへの道(ロード)
(巨人の星のテーマ風に)
思~ぃ~こんだぁらぁ~スカシの道を~ゆくがぁ~男のぉ~
というわけで、先日より沸々と疑問がわき、それを解決するべく讃岐に行ってまいりました。
もちろん「すかし打ち」を実際に見てイメージするためです。
(画像はすかし打ちの後、麺線にカットして、麺をさばいている様子だよん)
20080402-2.jpg

若い打ち手さんの見ていて、リズミカルにやっててなんとなくイメージはできた・・・。

そしてイメージがあるうちに帰って実践!!!

「う・・・・・・」

一朝一夕にできるほうがおかしい!・・・・うん、絶対におかしい!・・・と自分を慰めてみる。
時折、これか!?という感じはあるのだが、意識と体がバラバラになってリズムが続かない。
慣れればなんちゅうことはない動きなのだろうが、手と体に余分なチカラが入ってしまうので、コシは痛くなるは腕は疲れるわで余計に時間がかかっている。・・・1枚目をやってみて、ふとお手本で見た生地のことを思い出した!あのお手本の人は対角線延ばしを終えた時点で四角だったのに辺に沿って延ばした後は四角が崩れてしまった。(中略)要するに延ばし以前に(中略)・・・・それを踏まえて2枚目の途中で開いてみる・・・
20080402-1.jpg
収穫はあった。なんと!すかしモドキ打ちの途中で生地を広げると、かなり四角になっているではないか。何の意識もせずこれぐらいの四角が作れるなら「すかし打ち」もいいじゃないか!(まだまだ打ち方は怪しいが)
左上がわずかに丸みをおびているが自分では上等の部類だと思う、また生地の伸びが速いので打つ時間が短縮できるのは大きい、かといっても生地はダレてなく緊張しているのも周囲のめくれ具合からわかると思う。
挑戦してわずか2枚目だけど、 すかし 少し望みがありそうな気がする。
とりあえず100枚ぐらいじっくりやれば、何かまたヒントが掴めるのかも・・・・道(ロード)は遠い。


c_02.gif
↑ Fc2ブログランキングに参加していません。ポチっと押しても何も起こりません。(笑) 
 
関連記事


この記事に対するコメント

たかがうどん、されどうどん!
奥が深いんですねぇ。
麺道にも面倒ながら、色々と技法があるなんて。

私は食べるほうの技開発一本です!!

【2008/04/03 21:17】 URL | もとp #RQkUwFjs [ 編集]


もとpさん
はいはいはいはい、私に麺どぅ(面と)向かってベタですね。
すかし打ちシリーズ、PART−?もお楽しみに。。
 

【2008/04/03 21:39】 URL | やまちっち #JHiVQ306 [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック