☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



麺打ち台の補強
麺打ち台。麺を打たない人には無用の長物・・・・・笑
「山雀工房」には幅150cmのテーブルを利用した麺打ち台があるが持ち運びはできない。実演用に麺打ち台が必要だが、イベントなどでは折りたたみとか組み立てのできるものが持ち運びには便利。
しかし簡易なものは強度が弱く作業には不向きという問題があり、オークションなどでもなかなか自分の目にかなうものが見つからなかった。

しかし天は私を見放さなかった   (そんな大げさな・・・)

先日、茹で釜を取りに行った先でオマケにいただいた新品同様のダイニングセット、もったいないけどテーブルは足が取り外しでき強度もまずまずある。そこで足の補強を追加してみた。
20080506-1.jpg
両側にななめ2本のツッパリ(スジカイ)を入れるだけ。
わずかこれだけなのだが前後へのゆさぶりには充分な強度ができた。
20080506-2.jpg
欲を言えば横方向にも入れれば完璧なのだが、やりすぎると組み立て分解に時間がかかるし、基本時に前後にチカラがかかるのみなので、これぐらいで好しとした。
わずか2本のタルキで簡単補強、120cm幅のテーブルなので麺打ちする横に打ち粉なども置ける。さらに(写真にはないが)テーブルの高さを5cm上げるのに足の下に敷く木(滑らない工夫あり)も作成した。高さが合うことで作業による腰痛がかなりマシになると思う。
 
記事追加:コメントのやりとりで、この麺打ち台の名前が決まりました。(笑)
「ANEHA式麺打ち台:山雀MODEL-USO800型」です。よろしく~!
関連記事


この記事に対するコメント

いらぬ事を言うつもりではありませんが
恐らく何回か使ううちに 「ギシ・ギシ」と若気の至りヨロシク
ねじれ揺れが発生するかもしれません

出来れば、筋交いの真ん中同志を横に結ぶと
また強度アップでANEHA設計もビックリですぞ!!

伸ばしって力と揺さぶり&ねじりが加わって
以外に強力ですよね

でも僕が使うなら十分すぎる立派な台ですね!!
試しに行きたいです!!!

…ってもう、もらうつもり???(←厚かまし〜ヤツ)(爆)


【2008/05/06 23:39】 URL | ひろぽち #DhbrllUw [ 編集]


ひろぽちさん
そうやね〜、補強材が多いのがホントは理想的ですよね。
これはイベント持ち運び用に最小限の軽量耐震偽装で誤魔化してます・・・汗
この「ANEHA式麺打ち台:山雀MODELーUSO800型」がいつまで揺れに
耐えれるか見ものでもあります(笑)
 

【2008/05/07 00:10】 URL | やまちっち #JHiVQ306 [ 編集]


ウ、USO-800型!!!ウケます!!!

ISOならぬUSOなんて余計ウケます!!

もう使う前から揺れ揺れです(爆)

【2008/05/07 00:39】 URL | ひろぽち #DhbrllUw [ 編集]


ひろぽちさん
そのUSO800認証は、こちらへコメントくださるQOO36さんの
お友達(たぶんひろぽちさんの御近所)が言われててウケた規格です(笑)
 

【2008/05/07 09:03】 URL | やまちっち #JHiVQ306 [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック