☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



味付け
暑い夏は冷たいものを欲しくなる。そしてうどんも例外ではない。
暑くなる前までは、かけうどんの出汁にしても、ぶっかけツユにしてもまずまずの合格点、いや美味しいと誉めてもらうことも多かったのだが・・・・・・
20080727134325.jpg
夏になってくると人の味覚は変わってくる。総じて「薄い」と言われるようになった。
それは汗をかくのもひとつの要因だろうし、味付けも季節によってかわって当然だ。

今年初めて「冷かけ」を食べてみた。
いつも食べる店の麺だが、温かい麺とはまるで違うことに気づいた。これが美味しかったら気づかなかったのかも知れないが、失礼ながら出汁が薄く感じたので自分の出汁もこうなんだろうなと気づいた。

単純に考えると塩、醤油などの分量で変化をつける、あるいは出汁をとる具材も変えたりしてみる必要もあるのかも知れない。
また新たな課題ができた~~~~~~~~。
 
関連記事


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック