☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



蕎麦も やはり道具から・・・・・
腕の悪さは道具で補う・・・・・        え?!豚に真珠って?

せっかく蕎麦を打つのなら手切りだよ、ちゅうことでカタチから入るのがいつもの悪い癖?
地元の鍛冶屋でオーダーしてもらおうかと思ったが、作っているものを見ると麺切り包丁に関しては今ひとつ自分の好みに合わない。(そんな偉そうに言えるのか?)
そこで今回は遠方より取寄せたけど、出来てくるまでが長く感じます。
20080912-1.jpg
ふふふふふふふふふふふふふふ負ふふふっふふふ不ふふふふっふふふふ。。。
来ました、来ました。

さっそく玉手箱を開けてみると・・・・ま、まぶしい!
20080912-2.jpg

控えおろぅ~~、この紋所が目に入らぬか!

      ははぁ~~~~ m(_ _;)m

後光が射してます。。。これはきっと由緒正しい麺切り包丁に違いない。(希望的観測)
包丁だけに重宝に扱わなければ・・・はぃはぃ。

ま、そんなわけで道具は手に入れたというわけで、あとはうどん道具と兼用で打ちます。
20080912-3.jpg
多層鋼の包丁は独特の紋様があって、それぞれが世界に1つしかない模様なのがちょっとレアっぽくて嬉しい。
世界に1つとか限定とかいう言葉の魔力が、嬉しがりのハートを刺激するのよね~♪

ほほう、そりゃさぞかし旨い蕎麦を切って食わせてくれるんだろうな!  って?

いえ、それとこれとは別問題ですから。 (キッパリ!)
 

関連記事


この記事に対するコメント

うぉぉぉぉぉぉぉ〜〜〜〜。

やはり形から入りましたね。
こうなったら石臼絶対必要ですね。
そして・・・

山雀畑に蕎麦の花咲く日も間近〜〜〜〜。
来年は白い蓮華に代わって、白い蕎麦の花が!

【2008/09/12 22:20】 URL | もとp #RQkUwFjs [ 編集]


もとpさん
実はさっそく作ってみたんですよ。。。
石臼・・・子供の頃あったなぁ〜。置いてない。

蕎麦の花が本当に咲くかも知れません。
詳しくは後日のブログで。
 

【2008/09/12 22:53】 URL | やまちっち #JHiVQ306 [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック