☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



自宅で蕎麦打ち
麺切り包丁デビューの日、さっそく蕎麦を打ってみました。

本日は二八蕎麦~、まずは粉を混ぜて水あわせから。
20080913-1.jpg
少しづつ水を足しながら硬さをチェック、握ると型ができ指で潰すと一瞬でボロボロに。

ちょっと加水が少ないけど、きょうはこれでやってみよ。(これが大きな間違い)

20080913-2.jpg
怪しい菊練りを終えて、延ばす。延ばしはお手の物。うどんより簡単!
そしていよいよ包丁のデビュー・・・・・切ったけど画像なし(笑)・・・・・必死で切ってたから。

コマ板も自作して使い始めたものの、板と一緒に生地が寄ってしまい意味がない(爆)
そこでコマ板なしで切り作業を完了。。。。麺線乱れてますけど~~~気にせず。
20080913-3.jpg

<反省点>
・やはり加水が少なかった。40%超えてからの調整が微妙である。
・つなぎに強力粉がなく中力粉を使ったこと。
・延ばした生地が微妙に厚かったかも。そして切りが雑(笑)
・茹で加減がちょっと固めになってしまった。

それでも蕎麦はあまり食べない父が「なかなか旨い!」とおかわりの連続。。。
これは作者の腕ではなくひとえに蕎麦粉の手柄である。(泣)
九州は阿蘇の波野村産の蕎麦100%を現地でひいて真空パックして持ち帰ったもの。
現地で食べてもココが一番風味が良く美味しかった。

波野 の蕎麦は 並みの 蕎麦じゃない!(汗)

                  ん~、蕎麦が良ければベタもツルツルよく滑ること・・・・・

以前、減反の田に蕎麦を蒔き、約一反で一升の収穫をしたという伝説を持つ父!
  (どんな収量やねん!少しだけ採って後は面倒だからと放置したのだ)
しかし今日の蕎麦に味をしめて?来年は蕎麦の花がたくさん咲いているかも知れない。。
 
関連記事


この記事に対するコメント

ふぅぅぅぅ〜ん

・・・で いつ 我が家に蕎麦が届くのかな?

【2008/09/13 21:08】 URL | QOO36 #- [ 編集]


QOO36 さん
この上達ぶりで考えると・・・・喜寿か米寿までには・・・・?
確か嫌蕎麦に懲りてるから今なら出来損ないでも旨いと
勘違いしてくれるかも知れませんが(笑)
 

【2008/09/13 22:43】 URL | やまちっち #JHiVQ306 [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック