☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



出汁、そして・・・・
昆布とシイタケを水に入れて1時間ほど置くと、ほ~ら水が色づいています。
飲んでみると干しシイタケ臭い!(笑)
20070630-1.jpg

それから寸胴に火を入れて、沸騰前に昆布とシイタケを取り出し、鯖・鮪・などの混合ダシをとり、最後に花カツオでベースになる出汁ができます。
(取り出した昆布とシイタケは刻んでおきます・・・後述)
20070630-2.jpg

そのあとは白醤・みりん・塩などなどで味付けをすれば「かけ出汁」の完成。もちろん砂糖は使いません。
そして、以前に作っておいた「かえし」を混ぜて「ぶっかけ出汁」も作れます。
20070630-5.jpg

左が「かけ出汁」右が「ぶっかけ出汁」です。明らかに色合いが違います。
きょうは「ぶっかけ出汁」へは追いガツオはせずに作りました。したほうがよかったかな?

そして副産物であるダシをとった後の「干しシイタケ・昆布・花カツオ」、これがいつももったいないって思う。もちろん二番だしをとる方法もあるけど・・・・

そこでこれらを使って「ダシガラ活性簡単おかず」を作ろうと思い立ちました。(次回へ続く)
関連記事

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

この記事に対するコメント

ぶっかけ出汁の定義とは色々のようですね。
私もこの夏、研究してみようかな〜?

【2007/07/01 20:04】 URL | もとp #RQkUwFjs [ 編集]


そもそもは 釜揚げのツケだしを麺にぶっかけたのが始まりだとか・・・・
でも別にぶっかけ用ダシ専用として作るケースも多いようですね。

【2007/07/01 21:56】 URL | やまちっち #JHiVQ306 [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック