☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



うどん教室の講師してきました。
去年に続き、今年も2月に「うどん教室」の講師に呼んでもらいました。
団塊の世代を中心に20人のおじさんが(笑)熱心にうどんを打ちました。
20090221.jpg
かき揚げは、アシスタントに来てくれたメンバーの作。
すごく美味しそうやし、実際にすごく美味しかった~~!

今回はダシのひきかたも含めて講習したので、麺とダシのことをあちこち交互に話し実演をしたので、ちょっと忙しく、習う皆さんも戸惑ったかな?とも・・・・・・・汗
 
ダシができ、味見をしてもらう。

        1人目・・・・ちょっとうすい。
        2人目・・・・甘くて辛い。
        3人目・・・・ちょうどだと思う。

                              みんな様々なことを言います。

だいたいそんなものですね。100人全員の口にあうものはないと言えるでしょう。

しかし最後にどなたかが私に言われました。「ダシをビンに入れて持って帰りたいと言ってる方が何人もいましたよ、どうこう言いながらも美味しかったんです。」

                                   嬉しいお言葉でした。

 ←Blogランキング、きょうは何位かな?
 
関連記事


この記事に対するコメント

私も持って帰りたかったですv-222
今度から、ペットボトル忘れられん!
室内に漂う、ダシの香りが何とも言えません。
おいしいうどんを、ありがとうございます。

【2009/02/23 21:14】 URL | がっちゃん #- [ 編集]


がっちゃん
華麗なる揚げ技で、うどんに華を添えてくれてありがとうございました。
おかげさまで無事に皆さんの笑顔を見て終えることができました。
また次の機会があれば違うパターンのダシをやってみましょう。
 

【2009/02/23 22:32】 URL | やまちっち #JHiVQ306 [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック