☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



産地偽装は死刑でええやろ。
うどんの出汁を学ぶようになって食材というものに興味を持ち、あげくのはてには調理師免許もとったという暇人は・・・・私ですが、実に産地偽装が多いのに驚く。

その理由は「私利私欲」でしかないわけで言い訳無用、消費者は表示だけが頼りなわけで、それを信用して買うのである。
だから 嘘の表示をしていることは詐欺でしかない!

2007年
不二家賞味期限、ミートホープ食肉偽装、石屋製菓白い恋人賞味期限、赤福消費期限、比内鳥偽装、船場吉兆問題
2008年
丸明牛肉偽装、魚秀・神港魚類うなぎ産地偽装販売、山形屋鶏肉偽装、エツヒロふぐ産地偽装、美ら島フーズマンゴー産地偽装、サンライズフーズうなぎ産地偽装、浜伸うなぎ産地偽装、精肉石川屋食肉偽装、サンシロフーズのうなぎ産地偽装

他に中国製餃子事件など商品に関する問題は近年とても多い。
表に出てきただけでもこれだけあるということは、まだその何倍もあるのは容易に想像できる。

地元でも牛肉表示などは無茶苦茶である。大店舗であっても同様である。そしてそのコーナーの職員は得てして知識がないことが多い(芝居をしているのか?)

しかしこれでもう懲りたのでは?と思っていたら・・・・・・出てきましたね。
福島県野菜加工会社「原町パッケージセンター」が、中国産ゴボウを「茨城県産」と偽り商品を販売していた事件が・・・・・
こいつも確信犯!食品業界にモラルはないのか?と怒りを感じる(きりが無い)

出汁の昆布にしても、産地が怪しいと感じるもの、養殖を天然と表示してないのか?と疑わしいもの、流れ昆布をボッタクリ価格で売ってるのではないかと思える粗悪なものなどなど・・・
素材にたいする知識を持って自分で見極めなければならないのは、ある意味良いことでもあるが、いろいろと疑って見なければならないのは情けないことでもある。

食品は即、人の口に入るもの。 偽装は死刑でいいんじゃない?

         ←Blogランキング、きょうは何位かな?
関連記事


この記事に対するコメント

偽装はいかんあぁ・・・絶対に。
しかも、元が中国産ってなぁ、ホントに死人が出るかも知れんど!。

一昔前、ニュージーランド産のカボチャをよう運んだよ。
カボチャはNZの方が美味いけぇ、ニュージーランド産と明記した箱に詰め替えて市場に出しようたけどなぁ。

【2009/04/14 07:09】 URL | QOO36 #eMkLRZRc [ 編集]


QOO36 さん
NZ産だからとQOO36さんらには安く運搬させておいて、
あとは箱から出して国産として高く売ってたかもよ(汗)

【2009/04/14 08:55】 URL | やまちっち #JHiVQ306 [ 編集]


まぁ、小売段階まではわからんけどなぁ。

運賃は普通じゃったよ。(大きな声じゃ言えんけどオマケ付きじゃったし)
大阪の湊から出来そこないの輸入木箱のまま積んで帰るんじゃけどね。

【2009/04/14 23:02】 URL | QOO36 #eMkLRZRc [ 編集]


>大きな声じゃ言えんけど・・・

大丈夫、口は堅いです(笑)
 

【2009/04/15 00:03】 URL | やまちっち #JHiVQ306 [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック