☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



イベントうどん
某うどん店の代理出店をしてきました。
軽トラに載りきらない?かと思うぐらいの荷物満載です。
しかもあいにくのお天気で行き着くまでは雨が降るという、日頃の行ないを象徴するかのごとく天罰に気分も沈み気味・・・
仕込んだ麺やつゆを積む・・・重い。。。
20090505-3.jpg

荷物を降ろすときも濡れながらの搬入となりましたが、やっと晴れ模様になりました。
ぶっかけうどん、しょうゆうどん、かまたまうどん、ちく天で販売開始。
雨に備えてタープテントの上にビニールシートをかぶせています。グッドアイデアでした。
撥水加工だけのテントなので、こういう工夫は必要です。
20090505-4.jpg

お昼前~お昼過ぎまで、こりゃ500杯いけるのでは?という好調なスタート・・・

しかし

イベントのコンサートがはじまるとピシャリと客が途絶えます。そして休憩?になると一気に客が来るので対応が間に合わず待ち時間を作ってしまいます。
きょうは全部釜揚げ麺なので耐熱グローブで麺を掴んで入れました。もちもちで美味しい麺ですが売れないとすぐに表面が乾いてくるのが難点です。そいうのは洗って冷たい麺として出すのが良いようです。

うどんの評価はおおむね良かったので一安心。。。というかこれだけ丁寧に作ってるんだから不味いわけがない!美味しくて当然、お店の暖簾を傷つけることはなかったはず。

そんな中で一番美味しいと喜んでくれたのが目の前の出店スタッフ。
「量の調整が合わずいま余ってるんです、捨てるのももったいないので無料で食べてください」・・・と6食を進呈。こりゃ誉めちぎるのも当たり前か?(笑)

でも結局、売り上げはお天気のせいもあったのか?日頃の行ないなのか?予想の半分ぐらいでガックリ・・・・まぁ一応赤字はなかったいうことで。 
 
         ←Blogランキング、きょうは何位かな?
関連記事


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック