☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



こども26名うどん教室
3年目連続の「こども手打ちうどん教室」の講師に呼んでいただきました。
高知県立香北青少年の家です。あいにくの雨模様になりましたが室内ですので、問題なく行なえました。
091001-1.jpg

今回はT師匠にメイン講師をお願いして、自分はアシスタントに徹する・・・
例年の経験を活かし、今年は麺切り台をひとりづつ体験させ手を添えて仕上げる。
091001-3.jpg

これで麺線は完璧にそろう。
091001-2.jpg

 
                   ←Blogランキング、きょうは何位かな?

関連記事


この記事に対するコメント

麺切り


目から鱗でした v-11

見せるだけじゃなく、本職の道具の体験
しかも麺線がそろう

一石二鳥どころかもっと発展してるv-218






やっぱり、一家に一台ですね

【2009/10/03 22:04】 URL | とうやく #nmxoCd6A [ 編集]


とうやくさん

お疲れ様でした。
怪我のないように注意すれば体験を兼ねて、
よい思い出になるかと思います。
何よりも麺線がそろって食べても更に美味しいし。
一家に一台ないものなので、我々にとっては
珍しくないけど、彼らにとっては興味深々です。
 

【2009/10/03 22:34】 URL | やまちっち #JHiVQ306 [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック