☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



毎年お泊りありがとうございます。
またこの季節がやってきました。
数日前から「鷹(タカ)」が泊まりに来ています。もちろん今年も指定席は同じで2階建ての土蔵の屋根の裏側。雨風がしのげて周囲からも見えにくいし、庭の犬の死角を出入りするので吠えられることもない絶好の位置なのです。
ただ心配なのはそこから下を見ると、小鳥のヒコチが山からやってくる塀が丸見えなこと。塀の上に木の実などを置いておくとヒコチがやってきて、家の居間からガラス越しに観察でき愛嬌たっぷりな姿に癒されるのですが、天敵のタカに襲われる可能性が大なのです。
幸い行動時間が異なり、タカは朝6時過ぎには出勤して夕方5時過ぎに帰宅するというサラリーマンスタイルで、時には当直があるのか?帰って来ない日も時々あります。きっと遠出をしているのでしょうね。そしてヒコチはタカの留守の時間帯にしか来ないので上手く噛みあってるというのが救いです。
まさかタカも美味しいエサが宿泊所の目の前に来ているとは夢にも思ってないでしょう。
091013-1.jpg
                            (客人はたぶんこれと同じハイタカ)
毎年律儀に泊まりに来てくれると「今年も無事にやってきたか。」と安心します。
でもいずれは来なくなるかと思うと寂しい気持ちになりますが・・・・。
ツバメならともかく野生の鷹が人家に毎年(3ヶ月ぐらい)滞在するって珍しいですよね?

以前はスズメバチが2回、大きな巣をかけていたこともありました(笑)
これも放置していましたが、歩いていても巣の真下で洗い物をしていても上空には羽音がしていますが、家主に遠慮しているのか一度も襲って来ることはありませんでした。ただ通りがかりのクマバチはスズメバチに撃墜されて、そこらへんに死骸が転がっていました。やはりスズメバチは怖い存在かも・・・・・好まざる来客ですね。
 
                    ←Blogランキング、きょうは何位かな?
関連記事


この記事に対するコメント

いいなぁ、何にしろ動物が寄ってくるって♪
動物好きのぼくには羨ましい話ですよ。
ヘビは嫌いだけど(^^ゞ

ヒコチって初めて聞いた名前ですが、、、
多分、小さいリスのような動物かな?

【2009/10/13 18:40】 URL | やまとおのこ #uv1J38xk [ 編集]


やまとおのこさん
動物がやってくるというのは特定なものを除き
嬉しいものですね。
タカも写真撮りたいけど脅かしてしまい来なくなるのが
嫌なのでコッソリと暗い時にシルエットを見るだけです。
出入りもほんの一瞬なんでじっくり見る暇が無い(汗)

ヒコチは小鳥ですが正式にはなんていうのかな???
こちらのほうの方言の呼び名です。
 

【2009/10/13 22:38】 URL | やまちっち #JHiVQ306 [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック