☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



新作は「波打つ夏うどん」って。
山雀の「夏うどん」 の次は 「波打つ夏うどん」 ってか? 涼夏うどんだね、きっと。

その秘密は後に・・・ということで、13日のイベントの為にその「波打つ夏うどん」を作ってます。

いつものように丁寧に麺線を保護して冷凍庫へストック。(この時点でまだ110食分)
100609-3.jpg

いきなり話は変わるが毎日の単調な仕込みをしながら、刷毛(ハケ)について考察してみた。
麺打ち台の打ち粉を掃除するのに刷毛を使うけど、塗装店にある何かの毛でできた刷毛と、100均で売ってる塩ビみたいな刷毛との違い。
100609-1.jpg

その差、歴然ですなぁ。やはりホンモノの毛を使った刷毛が抜群の威力を発揮します。
ただホンモノは毛が抜けるので、刷毛を買って使用する前に毛を束ねた元の部分にアロンアルファを滴下して毛の抜けを防止しておかなければ、使用中に時々毛が抜けてうどんから毛が生えるという恐れもあるわけで注意が必要です。
一方の合成刷毛?は、何度掃いても粉が残ってしまいます。
 
あ!忘れてました、本日のテーマでしたね。
 
        「波打つ夏うどん」

その制作現場を密着取材!

すると・・・、そこには驚愕の事実が!

 
    
 
いやぁ、ずいぶん使ったからボチボチ換え時やのぅ~。

100609-2.jpg
              (波打つマットの哀れな   福井君)

マットがヘタって波打ってるから

麺まで一緒に踊って波打ってるがな。


そりゃマット代をケチって道具の整備ができてないだけやろ!!!!

そんな 山雀の「波打つ夏うどん」  は 13日デビューです!
 
関連記事

この記事に対するコメント

禿げいや、刷毛の毛は本物にはかなわないかv-390
ある意味、身をもって納得v-409

【2010/06/11 07:08】 URL | とうやく #nmxoCd6A [ 編集]


とうやくさん
ふさ いや、ふかいですなぁ・・・・・
地肌に沁みるお言葉です。
  

【2010/06/11 09:06】 URL | 山雀 #JHiVQ306 [ 編集]


やっぱり麺切り時は
体も波打って作業するんですよね?

トントントン→ヒャッヒャッヒャッ(波打ち中)

(笑)

【2010/06/16 10:23】 URL | ひろぽち #VS2skTeU [ 編集]


ひろぽちさん
そそそ、3つの山を越えるために女装いや助走が必要で、
中途半端な気持ちで切ってると後戻りするかも。
沖縄の海辺で水着のギャルと水をかけあってヒャッヒャッという香しい
情景を思い浮かべて切らねばなりません。
 
 

【2010/06/16 11:26】 URL | 山雀 #JHiVQ306 [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック