☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



国庫金収入のお手伝い?
いえね、別にそういうつもりもなかったのですが結果的に警察の味方のごとくオトリになってあげたようなことで捕まった方には申し訳ない。(まぁ自己責任ですがね)

帰り道、いつもの香南市の香我美町から赤岡町の見通しの良い直線で速度取締りに遭遇したわけですな。

とりあえず①の右端「山」が私の車でして、信号発進ダッシュで他者を引き離して巡行速度の時速60km寸止め!まで加速。(制限速度は50km/h)
そのまま速度を保ち②地点でレーダーに計測されるわけでして、私の速度は警察の計測では若干低めに出るとして推定58~59km/h(確実ではないがおおむね10km未満は許される?)

kisimoto.jpg
             (画像はクリックで拡大します)

さあ、③地点で前方カーブに止まれの旗を持った警官が出てきてビックリ!!
え?俺か???何度もこの速度でスルーしてるじゃないですか、と見れば私と視線が合ってなく
警官は私の後方を見て団体が来ている中からターゲットを識別している。

そして当然のことながら、私は警官の横をスルーしルームミラーで観察すると、警官はすぐに車線中央寄りに歩み2番手の車に止まれと旗を振っていました。

御愁傷様です・・・・・・。           ち~ん

きっと2番手の皆さん、先頭ダッシュの私が捕まるとワクワクニヤニヤしていたんでしょうね。私は毎日ここを通ってるんで感覚だけでもギリの59km/hがキープできます。それをこの日は念入りにメーターも見ながら速度のキープをして限界に挑戦してたわけで、皆さんは私の捕まるのを更に近くで見て笑ってやろうと、ついアクセルにチカラが入ってしまったのでは?

おそらく追い上げ加速で12km/h~14km/hあたりの違反でしょうね。
 
皆さん、姑息な取締りを挑発したい気持ちはわかりますが安全運転で無駄な税金は払わないようお気をつけください。(え?誰も挑発なんて考えてない?)
私も歳ですからね、派手な挑発などしないゆっくり運転なんです。レーダーを法定速度内で過ぎてフル加速で停止誘導員の横を140km/hで通過なんてことはしちゃいけませんよ。
  
関連記事


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック