FC2ブログ
☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



飲酒運転事故で懲戒免職より死刑は?
夕方のニュースで見たが、県職員が飲酒運転事故で懲戒免職になったのは重すぎるとして提訴、それに対して高知県知事:尾崎正直氏は「今後も懲戒の方針を変更するつもりはない!」とキッパリ!

尾崎知事に拍手! ま、当たり前のことだけどね。


私から言わせてもらえば、懲戒免職とした規定があったわけで当たり前の処分である。
私みたいな民間の職場でさえ、どういう処分を受けても文句は言わないのが普通。

自分がしてはいけないことをしたわけだから。まだ人を殺してないだけ幸いでしょう。


この県職員、飲酒運転してもなんとかなるなんて甘い考えしかなかったんだろうね?
こういう社会の常識もわからないバカはさっさとやめてもらって、就職難であえいでいる前途有望な若者をひとりでも多く採用してもらいたいものだと思う。

反社会的な違反をしておきながら、のうのうと提訴? バカですな。
一度、飲酒運転の車に大事な家族が轢かれてみれば少しはわかるかも。

まあそれでもわからんぐらいの頭しかないから飲酒運転するんでしょうけどね。
代行費用やタクシー代がもったいないなんてセコイ考えしかないんでしょうよ。



なぜきつく言うか?自分は酒が呑めないから(笑)
それでも時に応じては電車で行きタクシーで帰ってます。(返杯ということがあるので)
わずか盃に1~2杯、それでも私は電車・タクシーを使います。
私のことを知ってる方ばかりの集まりなら呑まないことを知ってるので車ですけどね。

要するに酒も呑めない者でさえ飲酒運転を間違えてもしないように注意していると
いうことですよ。


どうせそいつは反省することさえしてないんだろう。 

飲酒運転しておきながら、懲戒が重いだのウダウダ言うやつがいるなら、
もういっそのこと道路交通法でも飲酒運転=死刑というのがいいかもね。

反省してないバカ(元?)県職員のオマエ!

懲戒免職か 死刑か

                  どっちがいい?
 


あまりにも呆れた情けない話なので、ちょっと暴走しちゃいました(笑)
 
関連記事


この記事に対するコメント


は ぁぁ〜っv-40

【2010/10/29 21:28】 URL | ろくまる #- [ 編集]


ろくまるさん
はぁぁ〜っと、ためいきな話ですね。
「正統派の酒呑みの風上にも置けん」と説教してやってくださいまし。
 

【2010/10/30 03:14】 URL | 山雀 #JHiVQ306 [ 編集]


 酒酔い運転による事故で懲戒免職となった処分は重すぎるとして、
高知県土木事務所の元主任技師の男性(49)が、県を相手取り、
処分の取り消しを求めた訴訟の判決が21日、地裁であった。

 小池明善裁判長は「原告は管理職でなく、運転は私的なものだった。
県の処分基準は重すぎる」
として男性の訴えを認め、県に処分の取り消しを命じた。

 判決によると、男性は2009年4月、友人と土佐市の居酒屋で酒を飲み、
マイカーで信号機に衝突。飲酒検知で呼気1リットル中から基準値
(0・15ミリ・グラム)を大幅に上回る0・7ミリ・グラムのアルコールが
検出され、道交法違反(酒酔い運転)容疑で現行犯逮捕された。
罰金80万円の略式命令を受けた。

 県は1997年、飲酒運転をした職員は「原則として免職」と
処分基準を改正しており、この基準を基に逮捕の翌月、懲戒免職処分
としたが、小池裁判長は基準自体を「重い」と指摘。
免職処分は「社会通念上妥当性を欠く」とした。
(2010年9月22日09時26分 読売新聞)

この裁判官、高知白バイ事件でも悪名を轟かせています。

これの事?。

【2010/10/31 04:56】 URL | QOO36 #- [ 編集]


QOO36 さん
それです。
このクン裁判官、白バイ事件でもおかしな裁定を
しています。こういうのを最低と言うんでしょうね。

この裁判官は、自分の家族が飲酒のヤツに轢き殺されてても
この程度の処分で納得するということですよね。
家族は哀れなものです。
 

【2010/10/31 14:07】 URL | 山雀 #JHiVQ306 [ 編集]


高知通運の東名高速の件に比べたらたいした事はないとでも思いようるんかな?。このクソ野郎どもは・・・。

高知通運は取締役が飲酒で追突事故して園芸連から仕事切られたよな。
もし高知通んが裁判でも起こしたら、このクソ裁判官じゃと、一方的な契約解除は社会通念上妥当性を欠く」と言うんじゃろうな。

バカって怖いなぁ・・・。

【2010/11/01 05:28】 URL | QOO36 #- [ 編集]


QOO36 さん
そういうのありましたねえ。
どうも私らとはバカさ加減が違うようです。
 

【2010/11/01 14:21】 URL | 山雀 #JHiVQ306 [ 編集]


公務員って倫理規定なんかも職務上持ってますよ。

一番の理由が住民に信頼なくならんように・・ってためにね。

それだけ公務員が住民に対して信用が大切だと思ってるんですよ。
住民も公務員が何か事件を起こすと公務員はみんなそうだと思うんですよ。
これが社会の考えです。

だから私的なものでも職業上の倫理からすれば税金で暮らしている以上気をつけるのが当たり前だと思います。

こいつは一人で県の職員は悪いやつばかりとの認識を県民に植え付けたのですから・・・。

提訴だって罰が重いから何とかしてくれじゃないんですよ、49歳で投げられたら暮らしていけないから・・・です。

それならどうしてそんなことをしたのか?
簡単ですよ!悪い人間だからです。

友人も止めない悪い仲間です。

私ならば本当に友人ならばどんなことをしても止めますね。
金がもったいないなら代行の金を恵んでやりますよ。
そしたら自分もいやな思いせんでしょうが。ね!?

【2010/11/02 20:06】 URL | 虎きち #- [ 編集]


虎きち さん
まったくもっておおせの通りだと思います。
公務員が嫌いで言ってるわけじゃない。でもこういう重大な
ことに関しては公務員は人の模範であるべきと思います。
ましてやその規定が難しいわけでもない、当たり前のことだから
当たり前にしていれば懲戒を食らうこともないんです。
 
提訴なんて逆恨みもいいところ、泣いて土下座するほうが余程
反省してるように見え、人間としてはカワイイですね。

ホントに飲酒運転が招く悲劇を我が身になって考えてもらいたい。
無事に帰った者も人をひき殺した者も乗る前は自分は大丈夫と
同じように考えて運転していたわけで、しかしその両者に違いなんて
ありません。
 

【2010/11/02 20:38】 URL | 山雀 #JHiVQ306 [ 編集]


私は毎年札幌市の教員採用試験集団面接官をしています。
そこに「教師のモラル」についてお題がでました。
学生達に話を聞くとだいたいが子どもに教えるためには自分が清くなければならないと言った意見が多かったです。

私は一言いわせていただきました。

「私は病院に勤めてます。医療と教育は似ています。我々が医療事故を起こすと国民全体が病院はみんな信じられない、そして隠す・・と言われます。 実際は違ってもです。 あなた達がなろうとしている教員も同じです。 誰かが嘘をついたり犯罪を犯すとまた教員か!・・とみんな同じ目で見られるようになる。 あなたが自分の職業を愛するならそうなってはいけないし、そう国民に思われてもいけない。」

自分達の仲間が卑下されるようなことをすることは最低です。

そして福岡の飲酒事故の裁判でもそうでしたが、一般的な考えを持った裁判官がいなくなってきたようです。
事故現場まで一度も接触事故を起こさなかったのが酒によっていない証拠といった裁判官にはアングリです。

裁判員は裁定より裁判官の資質を判定した方が国民のためと思いますね。

最初は飲む量が少なくても一度事故らなかったら次はエスカレートする。
悪い人間の典型じゃないですか・・・。
高知はばかな裁判官のせいで人間として最低なばかたれの給料を払い続けるはめになった上にあほな裁判官の給料まで見なければならないとは・・・・。

【2010/11/05 19:53】 URL | 虎きち #- [ 編集]


おっしゃる通りで言葉がありません。
公務員に限らず誰もが同じなんですが、やっぱり
公務員は特に気をつけていただきたいですね。

私は高知で起きた白バイ事件について元被告の方を
応援する立場ですが、いかに警察・検察・裁判所、
そしてマスコミまでもが信用できない組織だと思う
ようになりました。高知県民として情けない。
 

【2010/11/05 23:17】 URL | 山雀 #JHiVQ306 [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック