☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



崩落
先日のお休みに脱藩の道、以前に行って数日体調が悪くなった朽木峠(佐川から葉山へ越える峠)の登り口まで怖いもの見たさで行ってみた。

その前に極秘情報でネパールからの極上の葉っぱが入荷しているという噂を聞きつけ、斗賀野のサード・アイに寄って問いただすと・・・渋々?出してくれました(笑)

110320-1.jpg

ダージリンのファーストフラッシュ~~~ 早い話が 紅茶~~~~!!

鮮烈な香りと苦旨みがいいですね~。 んまぁ~~~~~

そして朽木峠へ向かい、あと100mで舗装が途切れる登り口へ着くというところで・・・

なんと通行止めのフェンスに遭遇。。。どうして???  降りて見に行くと、

うぁっ!!!!

110320-2.jpg

道が崩落してる~~~~、東北の震災を思い出したのは言うまでもない。

こりゃえらいこっちゃ!!! 怖いですね~~~~。

(手前50mに民家へ上がる道があるので、もっと手前のどこか広いところに車を置いて民家への道を歩き、そのまま峠に歩いて登ることは可能です)
 
関連記事


この記事に対するコメント

これホンマですかーー

凄い画像

怖いですねーー

【2011/03/22 20:59】 URL | レスキュー #sNmeE86I [ 編集]


レスキュー さん
凄いでしょ?右の壁も向こう半分は2m近くずり落ちてます。
本来の道は手前右の壁の底辺にそって右カーブになって若干
登ってるんですよ。
向こう側へ回って見てないんですが、この先かなりの範囲で
足元が大きく崩れているようですね。
確か斜面は下へ100mぐらいはあったんじゃないかな?
走ってるときにこんなになったらと思うと・・・・恐ろしい。

【2011/03/22 22:47】 URL | 山雀 #JHiVQ306 [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック