☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



讃岐うどん<番外編>
映画UDON、山で迷った主人公が里に下りてきて最初に来たのが確か三島製麺だったよね。
製麺所の外でうどんをズズッとすする・・・ん〜旨そう♪
misi1.jpg

三島の麺は、しっかりとした麺で他にない独特の個性がある。これが三島の麺だと主張を曲げない職人気質があるような気がする。
いつの頃だろう、初めて行ってやっと見つけた時は嬉しかった。サッシのドアを開ける瞬間まで半信半疑だったことを覚えている。
それ以来は何度か行ったが、何と連続4回も行くたびに臨時休業に遭遇、5回目にやっと開いてたこともあった・・・ほとんど休まない所なのに、この運の悪さかな(日頃の行ない?)
misi2.jpg

そして・・・・・今日の本題。

香川のうどん屋さんへ行き始めた頃に驚いたことがある。

最近はそうでもないかも知れないが、当時はこれが醤油とともに必ず置いてあった。
そして「醤油うどんの食べ方」と称して、目の前で店主がやってくれた。
「ネギ、大根おろし、おろし生姜などお好みの具を麺の上に載せ、これをサッサっとふりかけ(え!?おぃおぃ・・・)醤油を回しかけて出来上がり」
misi3.jpg

まだこんなものがあったんや〜〜〜〜〜!
昔は化学調味料と言って、なにか最先端の調味料というステイタスを感じた「味の素」
マジでなんか味の素のある食卓が豪華に思えたものだ。(今になっては笑い話だが)

しかし化学調味料=体に悪いものとして定着し、その汚名を隠す為に?なんと最近は「旨味調味料」と呼ぶようになったのだ。
数年前から?「旨味調味料」というものが料理番組にも登場し、それって中華の調味料かな?なんだろうと調べたら単に化学調味料を呼び変えただけだとわかって呆れてしまった。

まあ調味料の良し悪しはさておき、味の素が当たり前に使われていることに驚き、そして何か懐かしさを感じた。

年代を感じさせる古びた製麺所のテーブルに味の素・・・・なにか昭和にタイムスリップしたような郷愁を覚えたものである。 

関連記事

この記事に対するコメント

この化学調味料を必ずしもダメと言わない料理人さんがいてビックリした覚えがあります。
吉兆味話の一文で「凝縮した旨み成分を素材を出汁で濡らさずに加えるために使うことも稀にある。」ということを書いていらっしゃったのを読んだときに、「なるほどねぇ」と妙に感心しました。
道具や素材は使い方、というところもあるんでしょうね。
また、家庭向けに普段素材でできる懐石料理を紹介されていた本でもあるので、そういった記述があったんでしょう。


【2007/10/06 10:52】 URL | たま@やもめ庵 #FYNxDbdY [ 編集]


>「凝縮した旨み成分を素材を出汁で濡らさずに加えるために使うことも稀にある。」

なるほどね、手法としてはそれもありか・・・(でも、あくまで家庭用の隠し味として)
高級料亭などでやられたら、ちょっとムカつくかも(笑)

【2007/10/06 21:19】 URL | やまちっち #JHiVQ306 [ 編集]


ハイミーなんちゅうのもありましたね。
三ツ矢歌子、なつかすぃ〜〜〜。

【2007/10/06 23:20】 URL | もとp #RQkUwFjs [ 編集]


それそれ、出汁はハイミーやったね。・・・・と祖母に聞いたことが・・・・・嘘
いまの若者はそのCM知りませんから〜。
 

【2007/10/07 20:29】 URL | やまちっち #JHiVQ306 [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック