☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



四万十源流の村を訪ねて-その2-
onomi11.jpg

さてさて、ご自由にお入りくださいと書かれた無人の四万十民俗館(太っ腹やねえ)を見学し、一路「四万十源流の家」を目指しました。

途中で大きな工場が・・・
onomi12.jpg

おぉ!!!これが「四万十の水」を製造している工場かぁ、いい環境の中で美味しい水がつくられているんやね。

そして・・・・
onomi13.jpg

少し傾いた日差しの中、「四万十源流の家」へ到着。
なかなか静かなところです。っていうか周囲には山だけで何もありません(汗)
しかし全天候型?ゲートボールドームがあります(笑)
onomi14.jpg

こんなコテージが格安で使えるなんて、こりゃ~~一度泊まってみたいなぁ。
しかし・・・・え!?お風呂(夜10時まで)と食事(一泊二食付の場合)は本館を利用?

ありゃりゃ~~、こんな暗い山でコテージから本館まで行き来するのって肝試し?(怖)
それでもちょっとコテージを盗撮してみると・・・・
onomi15.jpg

あらま、二段ベッドになってるし。ちょっと優雅なログハウスを期待してたけど実用本位の宿泊だけって感じで、例えばバイクツーリングの時など簡易な宿泊にはいいかなって感じでした。

どうりで安いはず。
 
関連記事

この記事に対するコメント

このコテージはなんぼで泊まれるんですか?
しっかり眠れそうなベットがあれば、あとはうどんを作って食って
寝るだけですな。
うどん作りキャンプなんかに良さそうです。
大人の林間学校だ。

【2007/10/09 22:57】 URL | たま@やもめ庵 #FYNxDbdY [ 編集]


おぉ〜みごとにみなしごハッチを〜〜。
なんか良い感じです、コスモスの写真。

ところでやっぱりコテージは固定してありますよね・・・(極寒)

【2007/10/09 23:30】 URL | もとp #RQkUwFjs [ 編集]


■本館4人部屋(ユニットバスあり)
 (大人1泊2食・7875円)
■バンガロー(1棟の素泊り料金・風呂なし本館利用)
 (2人用)4200円
 (4人用)8400円
 (5人用)10000円
 (6人用)11000円
 (12人用)18000円   ま、こんな感じです。
インターネントで検索して出るのは旧料金のようです。こちらが最新のパンフから引用したもので正しいです。

【2007/10/10 09:08】 URL | やまちっち #JHiVQ306 [ 編集]


そうそう、最近ハチづいてます。コスモスの写真結構ええでしょ?
二科展ねらえるかなぁ・・・・・・ムリムリ
あのぉ・・・コテージは固定(コティ・・・じ)って、かなり厳寒です (-_-;)

【2007/10/10 09:11】 URL | やまちっち #JHiVQ306 [ 編集]


コスモスの写真いいじゃないですか。
ちゃんとホバーリングの蜂も撮っちゅうし。(*´∇`*)

バンガローの宿泊代安いねえ。
ふたり用を利用したらひとり2100円やもんね。
こんど何かで落ち込んだときは四、五日籠もるかなあ。
けんど一人用は無いき誰か相方を捜さないかん( ̄▽ ̄)ニヤ

【2007/10/10 20:38】 URL | やまとおのこ #uv1J38xk [ 編集]


おぉ!!!!!!! 二科展の師匠に誉めてもろうたぁ!
こりゃ自分も将来はプロカメラマン?(ぉぃおぃ乗りすぎ・・・・)
バンガロー安いきねえ、デメリットを割り切ればそれなりに楽しめるかも。
 

【2007/10/10 23:58】 URL | やまちっち #JHiVQ306 [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック