☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



てっぱんのおさらい
府中まで来れば帰り道は尾道経由で。
尾道は3月末までやっていたNHK連続テレビ小説てっぱんの舞台である。

中でも千光寺へ登る途中にある「ぽんぽん岩」は必須。ケーブルカーは使わずに徒歩で登るのが通である。(と言いながら前回はケーブルカーで上がったが・・・)

110507-1.jpg

下に見える街から徒歩で登ったものの早くも息切れ・・・・完全に体がなまっている。  反省。
でも歩かなければ出会えないものもある。人がたくさん通るのに全然無視して気持ちよく眠る猫ちゃん、ええ根性してまんなぁ。
110507-4.jpg

明日からのダイエットを誓いながら、尾道とくればラーメン!!!!

さすが、観光案内パンフなどに出ているお店には開店前から行列ができているようだ。

110507-3.jpg

そういう店は地元の人が行く店でないことが多いし、案の定ちかくの喫茶で座り店の人と話して聞いたらあそこは観光客ばかりだとか・・・・・

そういうわけで?ちゃっかりとフェイントをかけて違う店に(笑)

110507-2.jpg

地元のことは地元民に聞け! 

                              これが旅の鉄則!
 
 


関連記事


この記事に対するコメント

読んでいて、海外を旅した紀行文を書かれている作家の方は皆さん、
「ガイドブックに乗っている店の情報は参考にしてもいいけど、鵜呑みにしてはいけない」
という趣旨のことを著書に書かれているのを思い出しました。(;^ω^)

その理由も書かれていましたけど、ここでは割愛。(笑)

ともあれ、私もたしかに、
「地元のことは地元民に聞け!」という鉄則は間違いないと思います!(´ω`*)
(※私は地元民に話しかける勇気がないので聞けませんが!(`・ω・´)シャキーン)

【2011/05/07 22:19】 URL | 竜一 #L6KKX1SU [ 編集]


竜一 さん
まさにその通りですね。
たとえお勧めの店と書いてあってもいろんな事情があったりするので
鵜呑みにしてはいけませんよ(大謎) 自分の舌で感じてきめろ!(笑)
 

【2011/05/07 22:53】 URL | 山雀 #JHiVQ306 [ 編集]


ラーメン行かれたのですね??
朱○○何時行っても多いですよね~
少し、しょうゆが強くなかったですか?

あと
唐沢のアイス最中の有名なのですが
行かれましたか~??

【2011/05/08 05:53】 URL | レスキュー #sNmeE86I [ 編集]


すばらしい!
充実したデートでしたね♪
薬師丸さんと?

【2011/05/08 12:09】 URL | オニ嫁 #YGz6v9qQ [ 編集]


レスキューさん
朱○○へは入ってなくちょいと裏通りにある店に行ってました。
唐沢のアイス最中ですか?どこかで見たような気がしますが
食べてないです~。次回の宿題ですね。
 

【2011/05/08 12:11】 URL | 山雀 #JHiVQ306 [ 編集]


オニ嫁さん
そそそ、もちろん薬師丸です(笑)
え?その割にはブログに登場しないって?

えっと箱入りなので細かな突っ込みは無しで(汗)
 

【2011/05/08 12:14】 URL | 山雀 #JHiVQ306 [ 編集]


う~んうまそうだ!

ちょっと背油に質に問題はあるが・・・。

まあ背油自体入っているラーメンはもともと味がシンプルであっさりしている・・・・・。

とうんちくはこの辺で・・・うまそ!

【2011/05/10 22:22】 URL | 虎きち #- [ 編集]


虎きち さん
出た!ラーメン博士!!
見ただけで分析ができるとは・・・・・さすが。
私はうどんならともかく、こっちはさっぱりわかりません。
 

【2011/05/10 23:38】 URL | 山雀 #JHiVQ306 [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック