☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



天国?のうどん
釣れますかぁ~?     三途の川ではありません!
he1.jpg

綺麗な仁淀川中流域で鮎釣りをする釣り人。なんとそんな姿を見ながら美味しいものを食べれる店がある。
he2.jpg

ほら店の中からも見えるよ。
店の壁にはこんなのが・・・・・・・
he3.jpg

そう、この店は「天国」という店。
 
手作りの真っ白い暖簾が印象的。
he4.jpg

日本人にわかりやすく?「へぶん」と書いてある。
カーブのうどん屋・・・そう、本当にカーブを曲がるといきなり飛び込んでくる店の外観にビックリする。ラーメン自由軒の看板があり、一瞬「ん?」と思うが間違いなくここが「へぶん」である。
he5.jpg

手打ち手切りの麺はやや細めの麺で悪くない。・・・が、きょうは?生地が完全になじんでないようで、しなやかなコシが出きってなく一本調子だったのはもったいない。じっくり○○してやるか、○○してやるとかなり良い麺に仕上がる素質は充分にあると思った。
出汁についても我らがうどん麺バーずいっけんさんのレポートでは濃い出汁が写っていることから考えると、まだ味は確定してなく色々と試していると見える。
きょうのは微妙に生臭みがあるものの、薄い色ながらガッツリとイリコの効いた味の出汁だった。(いっけんさんの写真と出汁の色を比較してみてね)
he6.jpg

10月2日に開店して10日余り、気持ちの良い丁寧な接客は好感を持てます。前の札にも「一生懸命営業中」と書いてます(笑)

まだ不慣れな点もあるだろうし麺線にしても出汁の味にしてもまだまだ調整中って感じですが、今後が楽しみなお店です。

頑張れ!へぶんさん。
 
 
関連記事
テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

この記事に対するコメント

昨日、自由軒に行ってたんだけど全然気付かなかった・・・
近いうち、(今日かも)行って見ようかな。
それにしても眺めが最高やね(^O^)

【2007/10/14 03:04】 URL | ねぎちゃん #NqNw5XB. [ 編集]


そ、その自由軒のでかい看板があるところ!
へぶんまで走ったら痩せるで〜〜〜(笑)
・・・・と人のことを笑ってる場合じゃなかった(汗)

【2007/10/14 22:30】 URL | やまちっち #JHiVQ306 [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック