FC2ブログ
☆☆☆ うどん 粉ぼれ話 ☆☆☆
うどんに魅せられ・うどんを食べ・うどんを打つ・怪しげな「幻の山雀」ブランドを確立。


プロフィール

山雀

Author:山雀
 
俺って釜あげ犬?
いえ四国犬「ヤマト」です。
一応由緒正しい純血種天然記念物に指定されてるけど知らない人が多いみたい。
主人はうどんに凝って何を考えてんだかね〜。「幻の山雀」なる怪しいうどんブランドを作ってしまったよ。
俺にもたまには肉うどんの一杯も食わせろワン!



最近のコメント



最近の記事



トラックバック



月別アーカイブ



RSSフィード



お友達リンク

このブログをリンクに追加する



アクセス(2007.03〜)



ホント?自分だけがオカシイ?
先日、ネット記事を見ていたら・・・・・

スペインでまた修復失敗 
1923年製作の女性の像がアニメのキャラに変貌?

(上をクリックすると元記事が見れます(一定日数が経つと見えなくなるかも))

というのがあった。記事元はスポニチアネックスというところ。

しかし・・・・・

syufuku1112.png
(記事の写真を引用しています、写真をクリックすると大きいサイズで見ることが出来ます。)

自分が見るに、撮影角度が少し違うことや天気が違う事などを踏まえて見ても、顔だけでなく多くの部分が別に造られた(画像加工された)物であるようにしか思えない。
日頃いつも虚構新聞を見ているので、これも即座にパロディー(笑)?だと思ったが、コメントを読んでみるにどうも皆さんがマジでコメントしてるように思える。
そして更にテレビの朝の情報番組でも取り上げて真面目にコメントしていた。

ただし実際に現物を見て来た人は居ないようだが。

どう見ても明らかに顔だけでなく全体が違う=単純にパロディーとして画像処理で作られたのでは?と自分は思っているのだが・・・・ホントにマジなニュースなのでしょうか?

どうにもわからずオロオロしている自分がいます。

こんな大ニュースの部類に出てきてるのにまさか記事元が騙された嘘ネタ?だった(大恥)とか、逆にこれが本当でスペインの修復士はマジでこのレベル?(さすがにそれは無いでしょう)、ホントはパロディーとコメントしてる皆さんも解っていて私だけがマジになってる?とか・・・・・なんか自分がわからなくなっています。

私にはどうしても実際に起きた事には思えないし、背景も含めすべての部分が違っており、しかし修復技術のレベルの不味さにしては左腕のところの豚🐷の顔が妙にリアルに上手くできてて人物の顔を作ったレベルとは違いすぎているし、やはりPCなどで画像を加工したとしか思えないんだけど。
こりゃ実際に自分がスペインに行って見てくるしかないかなぁ。




     ←Blogランキング、よろしければクリックを。

(この続きはココをクリック・・・)

異臭騒動@自分一人の。
10日ほど乗らずに庭に置いてあった車に乗って走りだしたら車内がなんか匂う。なにかの死骸のような異臭。
窓を少しだけ空かせてあったからカエルでも入り込んで絶命したのか?と思って探したがわからない。

そして車内を探してわかったのは後部では匂わず前席のほうだとわかった。しかし前席付近にそれらしきモノがなく、もしや送風の風が匂ってるのでは?と、エンジンのあるボンネットを開けてみたらいきなり見つけた❗

2020110720254560a.jpg

なんで?ネズミ🐭が?こんなところに?
ボンネットを閉めて気づいた。ボンネットの上には無数のネコの足跡🐾が。推測するにネコ🐱に追われた瀕死のネズミ🐭がエンジンルームに逃げ込み絶命、追ってきたネコ🐱は隙間から入れないので匂いがするこの辺りをウロウロしたのだろう。

エンジンを冷やしてからエンジンを洗い流し細かな部分も歯ブラシや針金を使って汚れをしっかり取り除いたけどまだ匂いは消え切らない。
まあずいぶんましにはなりましたが、何日かはボンネットを開けて匂いが消えるのを待つしかないでしょう。(悲)

以前にどこかでネコか犬がエンジンルームに入っていたという話を聞いたことがありましたが、まさかこんな庭のど真ん中に置いてた車のエンジンの上でネズミが生き絶えていたとは驚き👀‼️ました。

どうせレアな確率が起こるのなら宝くじが当たるほうがよほど嬉しいんだが。




     ←Blogランキング、よろしければクリックを。

秋祭り
秋祭りと言っても大きなお祭りではありません。
田舎の小さな集落の神社の祭礼、そうです今年3回目となるお役目の日でした。

もう慣れたので事前の準備、特に御飾りはマニュアルなしで並べられます。

20201105173417ccc.jpg

半紙の折り方も三方の置き方も完璧😃✌️
万全の準備を整えて神官さんを迎えます。

神事を滞りなく終わらせ、この秋だけは隣にある山の神様でも神事を行いました。

20201105160553270.jpg

注連縄も私の手作り、榊を飾りお供え物を並べ、実に身近に感じた神事の体験でした。

とりあえず今年の当番を契機に後々の若い世代に引き継げるよう、マニュアルを作ってみました。

20201105160554c61.jpg

元々は左上の威厳ある書き物しかありません。年が過ぎ時代と共に少しずつ変わってきた事もあるので、それらをわかりやすくする意味もあります。
「右からの縦書きから左からの横書きへ」と時代の移り変わりを感じますね。

これで肩の荷を一旦おろせましたが、来年からは神社総代としての役目がありますから神社との関わりが遠くなることはありません。
古くからのしきたりをできるだけ守りながらも、時代の変化に合わせて一定合理化することも必要でしょう、そうやって永く伝えて行かないといけない大事なことだと思います。

この歳になって今さらという感じですが、こういう事を学びなおせる機会をもらえた事を有難いと思います。



     ←Blogランキング、よろしければクリックを。
   

保管庫にお米を収納
豊作の今年、保管庫に入りきらない米ができました。入らない分をまずは毎年購入契約してくれてる方々にとりあえず一袋づつ新米を引き取りしてもらいました。

一番大口の方は一年分を先払いしてくれてるので大事に預かります。保管庫の米袋にラベルを付けておきます。保管庫は夏場も15℃に保冷しているので品質が落ちず美味しさを一年中保ちます。保管庫には二重に鍵をかけ、防犯カメラが24時間体制で監視録画しています。

202011022016595e0.jpg

そして籾摺りをして田んぼに飛ばしてある籾殻を焼きます。籾殻は藁と違い一気に燃えずじわじわと燻りながら燃えていきます。
どれだけじわじわかというと、なんと3~4日はかかります。ですからアルミホイルでサツマイモを包んでこの中に埋めておけば焼き芋ができます。(笑)
芋だけを入れて焼くとなぜかとても酸っぱい焼き芋になるのでアルミホイルでしっかり包んでやる必要があります。

20201102201658b7f.jpg

硫黄島の溶岩の隆起みたいだけど、燃えた後の黒い籾殻の下はきめ細かい灰色のきれいな灰になっています。
完全に熱が取れるまで数日はこのまま置き、そしてまた田んぼに返します。

これらの作業と同時進行で神社の秋祭りの準備をしています。
今年が当番の神社祭礼もやっと終わります。と言っても神社総代なんでこれから数年は相談役側の立場は続くのですが。(汗)



     ←Blogランキング、よろしければクリックを。
    


密回避の気分転換
高知の新型コロナの感染情報を見ていると、この間は東京土産からの~家族内感染や大阪土産からの~感染が相次ぎましたね。
見ようによっては感染元が高知発でないというだけまだマシなのかも知れませんが、ちょっと都会に行ってたというだけで貰ってきてしまうというのは、かなり問題ですね。
いまでも都会はまだ百人単位で感染者が出ていますから潜在的にはかなりの数の感染者がいるのでしょう、都会に住む皆さん大変ですね。
しかし最近はそれに慣れてか?マスメディアも大きく騒がなくなりました。GoTo推進の政府の顔色を伺ってのことなんですかね?
事態は騒いでいた頃と変わらないばかりか大阪なんかは増えたようにも思いますけど。吉村知事も最近は話題にすら出てきません。

田舎住まいの自分は毎日毎日、県の発表を見て一喜一憂しています。
しかし自分なりの行動自粛もそれなりにストレスを感じる、そこで最近は晴れた自分の休みにバイクで移動し、地元の近くにありながら今まで横目で見過ごしていた場所を訪れてみたりしています。もちろん密にならない(ほとんど誰も来ない)景色のいい場所ばかりですが意外とありますね。

202010272203471f0.jpg

田舎の都会(笑)が真下に見える場所です。このバイクは自動車みたいにサイドブレーキが付いているので坂道でも止めることができます。
こういう場所に行く目的の一つ、カーブが結構あるからバイクを傾けてタイヤの肩を減らすことができるので好都合なんですよね~。普段国道を走る時の制限速度内ではバイクを一定以上傾けるなんてことがないですからタイヤも真ん中だけが減るだけ、そして体ごと傾いて曲がるというのはこれぞバイクの醍醐味で四輪では味わえない楽しさです。

こう書くと相当なバイク好きって思われるかも知れませんが、私は冬場は寒いから乗らない。夏場は暑いから乗らない。雨の日は濡れるから乗らない。と三拍子揃いの横着者の似非バイカーです(笑)




     ←Blogランキング、よろしければクリックを。
    

自分だけ豊作?😁(笑)
近隣の農家さんと話をすると今年は決まって「不作」だと言います。具体的に(30kg米袋で)何袋少ないとか、だいたい2割~3割ほど少ないと言ってます。

確かに今年は梅雨明け頃の長雨で病気や虫が発生したことが大きい影響をもたらし、私の田んぼも同様ではありました。しかし今年は春の肥料を効かせてたので途中を見ても株が分節して多くできていましたので私に限っては収量がありました。
まあ去年が最悪でしたから尚更その差が大きい(笑)

倉庫で落ち着かせていた籾を摺りました。

20201029165526c0b.jpg

籾の袋の数だけみても去年よりたくさんあります。ただ二番口(未熟米)が今年は多くなるのは予想されます。

防犯カメラが働いている様子を録画しています。(笑)
出来上がりの玄米袋がどんどん積み重ねられています。

20201029165524242.jpg

結果、昔の記憶に迫る豊作です🙆
二番口も去年の2倍ありましたが、最悪の去年からは4割以上、一昨年からは3割以上のプラスでした。

自分一人のやり方でまともな収穫量にするのに3年かかったとも言えます。
過去を反省し試行錯誤して、時に天気に振り回されながら。
また来年もこれぐらいの収穫をしたいものですが、その自信は全くありません(汗)




     ←Blogランキング、よろしければクリックを。
    

歩き歩きまた歩き
日曜の朝から共同の草刈り作業、一時間半かけて与えられたノルマをこなしました。
自分が刈った水路道の一部分。

20201025134601147.jpg

この写真は後で水を仕掛けて水を見ながら歩いた時のものです。
草刈りを終えてまた水路の水を流しに行きました。

20201025134603877.jpg

この光景は年に数回、水の先頭と一緒に歩きます。普段は三分割にして分担しますが今回は始点から終点まで水路道を約6キロ歩きました。😅

途中の二ヶ所で先頭の汚れた水を脇に落として一時的に逃がす作業があります。
それらを入れて約二時間かかりました。
よう働きました~😞



     ←Blogランキング、よろしければクリックを。